コールセンター業務

図15

弊社コールセンター業務の特徴

 

六角

弊社のコールセンター業務詳細についてははこちらをご覧ください。

詳細はこちら>>>

ご予算、ご要望に合わせてお客様毎にプランをご提案致します。

まずは、ご依頼内容をお気軽にご相談ください。

導入までの流れはこちらをご覧ください>>>

font.php

大手企業が行う何十人、時には100人を超えるスタッフによる、短期間での大量コール。

スピードは当然早いですが、多くなればなるほど、依頼内容の正確な共有、業務のルール共有が困難になります。

この弊害として起こるのが、1件1件のコール内容に対する希薄化、成果率の低下になります。

弊社では少数人数の構成により、依頼内容の共有を正確に行い、1件1件のコールを丁寧に行います。

もう一点、大勢をコントロールするコールセンター業務の問題点として、業務中のルール変更が難しいという点です。

人数が多いですから、何度もルール変更を行うと情報共有に間違いが起りがちです。

これは、もし「成果の上がらないルール」で開始した場合、業務中に気づいたとしても、

そのルールが簡単に変更出来ず、そのまま業務が終了、契約終了というケースが起こりえるということになります。

(コールセンター業者からすれば、ルール変更などにより、業務を、トラブルを増やしたくないのです)

図3


2font.php

コールした内容の詳細を残しながらコール履歴を残していきます。

よくある、「OK」「NG」のみのコール結果レポートではなく、「対応者」「日時」「コール内容」などのクライアント様が欲しいデータ、情報を記録致します。

事例紹介

弊社では掲載許諾コール、アンケート調査フォローコール、サンプリングアンケートの回答促進コールなど

様々なご依頼に対応しております。

弊社の事例紹介の詳細はこちらをご覧ください。

事例紹介はこちら>>>